ヨリタ歯科クリニック

メタルフリー

金属を使用しないメタルフリー治療

金属をお口の中から取り除いて、すっきり

1.メタル(金属)の詰めものがなぜ、
  平均7年でやりかえられているのか

あなたのお口の中には、歯医者さんでつめた銀歯が入っていませんか。
そしてその銀歯がとれた経験は、ありませんか?
残念なことに、保険でつめた銀歯は、5年~7年でやりかえられているという
統計が出ています。

画像

ここで保険で使われる「銀歯」のお話しを少しします。
あなたが「銀歯」と言っているつめ物(インレー)や
かぶせ物(クラウン)は、実は銀ではなく、金銀パラジウム合金です。

成分は以下の通りです。

画像

そして金以外は、アレルギーの原因になる金属なのです。

特に、パラジウムは、金属アレルギーになりやすい物質です。
パラジウム合金や銀合金等の金属が、歯科材料で使用されているのは、先進国では日本だけ。

ドイツなどの医療先進国では、パラジウムが体に与える悪影響を考慮し、
パラジウムフリー(パラジウムを含まない)の金属を使うことを推奨しています。
また、日本向けの歯科金属のパンフレットでも、
「この金属はパラジウムを含みません」と、わざわざ謳ってるほどです。

ということで、海外では、パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。
また、年月を経て、お口の中で腐食するため、つめ物と歯との、
すき間が出来やすくなります。
さらに金属は、歯より硬いため、咬耗して、
かけた歯との段差が出来ます。

そのため、2次カリエス(ムシ歯)になりやすくなるのです。

2.是非、お伝えしたい合着との違い

画像

さらに、ふみ込んだ話をします。

突然ですが、合着と接着の違いをご存知ですか?

金属かセラミックかを選ぶ際に、もうひとつ知って頂きたいことがあります。
それは、金属やセラミックが歯と、どのように接合しているかということです。

実は、保険で治療する金属は歯にはまっているだけで、歯と一体化している訳ではありません。
セメントが歯と金属の間を埋めて、その摩擦力ではまっているだけ。
残念ですが、時間が経ってセメントが劣化し溶けてくると、隙間ができて金属がはがれてきます。

また、歯との隙間に徐々に細菌が浸入し、2次カリエスという、新たな虫歯になることがあります。
なので、歯につめた金属は、平均約7年でダメになっているのです。
それに対し、セラミックはレジンセメントを介し、歯と一体化するため、
隙間から細菌が浸入することがありません。

このような歯との接合の仕方を金属は『合着』と言い、セラミックは『接着』と言います。

金属の『合着』には限界があり、虫歯の再発、金属アレルギーの発症など
様々な不具合を引き起こしてしまいます。

たしかに保険治療は、治療費を抑えることは出来ます。
しかし、保険通用となる銀歯での治療は、見た目だけでなく、アレルギーの問題、
天然歯への影響、2次う蝕(むし歯)の発生など、長い目で見れば、治療費も決して安くはありません。

3.患者様の権利 ~その人に合った最善の治療法~

画像

このように、保険治療は、安全であるとは言い切れません。

そして私たちは、
初診で来院されました、患者様全てに
右の、「理念と基本方針」という資料を
お渡ししています。

その中に、「患者様の権利について」という、
以下の項目があります。

画像

このため、私たちは患者様一人一人に合った最良の治療をいくつかご提案します。
そして患者様自らの意志で、選んで頂ければと思っています。

4.私達がオススメするオールセラミックスやセレックについて

まだ日本では、馴染みのない「メタルフリー治療」ですが、世界的には、急速に浸透しています。
あなたの健康を考え、私たちは人に優しいメタルフリー治療をお勧めしています。

金属を使用しないメタルフリー治療には、オールセラミックがあります。

オールセラミック

セラミックは、透明感があり、見た目は天然歯に近い素材です。
また汚れ(プラーク)が付きにくく、ほとんど変色、劣化しないため、耐久性にも優れています。
上記は、保険外治療のため、詰め物を作るため、お日にちがかかる(約2週間)といった
デメリットがありました。

そこで、当院では、最近のCAD/CAMシステム「セレックシステム」を導入することで、
院内でセラミックを比較的安価で製作することが出来るようになりました。
さらに、ケースにより、歯型を取ることなく、ことが出来ます。

画像

5.かぶせ物の下になる、歯の土台へのこだわり

画像

さらに、セラミック・クラウンやセレック・クラウンにするなら、歯の土台にもこだわりもの。
そこで私たちがお勧めしているのが、ファイバーコアです。

ファイバーコアとは、グラスファイバーの繊維を束ね、ひとつにし、
レジン(特殊樹脂)と一体化させたもの。

そのため、金属コアに比べ、歯と同じくらいの固さと、
柔軟性がありますので、天然歯に近い材質です。
当院のメタルフリー治療では、歯の土台もメタルではなく、ファイバーコアーを使用します。

このファイバーコアを土台に使用することで、残った天然歯への負担も少なくなるため、
歯の破折が軽減し、あなたの大切な歯を守ることが出来ます。

また、セレッククラウンなど、セラミックとの相性もいいので、
接着力も高まり、2次う蝕や、脱離も少なくなります。

メタルコアとファイバーコアのメリット・デメリット

メリット デメリット
メタルコア 硬くて丈夫です。
保険の範囲内で使用できますので、比較的安価に
治療できます。
歯より硬いため、
歯の根の破折の原因と
なることがあります。
金属アレルギーの
可能性があります。
ファイバーコア 天然の歯と同等の硬度と柔軟性があるので、
衝撃を受けた時にも、金属と比べて破損しにくい。
金属アレルギーの心配がない。
セラミックとの相性がよく、接着しやすく、
ムシ歯になりにくい。
色が白いので、透明感のあるかぶせ物
(クラウン)を作ることが出来る。
保険外治療として
実費がかかります。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-966-1128
診療時間 日/祝
9:30〜12:30

15:00〜19:00


14:30-17:00

休診日
日・祝日
© 2015 東大阪市の歯医者 ヨリタ歯科クリニック. All Right Reserved.